咳喘息を治療

このエントリーをはてなブックマークに追加   

咳喘息の治療/治療期間と治療薬について


風邪は治ったのに咳だけが治らない!
この症状には病名があります

風邪の治療期間は、大体1〜2週間ですよね。
治療期間が過ぎても治まらない咳に悩まされてはいませんか?
その咳は、咳喘息という症状かもしれません。

咳喘息とは、過敏症の一種で気管支に異物が入るとすぐに咳き込んでしまう症状です。
どのような環境だと咳き込みやすいのでしょうか?
この症状に治療薬はあるのでしょうか?

また、薬を使った時の治療期間はどのくらいなのでしょうか?合わせて解説していきます。

スポンサーリンク

症状が出やすい環境とは?
また主な治療法を紹介します。


部屋の中のホコリやタバコの煙、ハウスダストなどはもちろん、ちょっとした空気の変化で咳込んでしまう咳喘息。
この咳喘息にはどのような治療法があるのでしょうか?
治療法は、主に投薬治療です。

それでは、どのような治療薬を処方されるのでしょうか?

治療薬の詳細とは?
強い薬もあるの?

咳喘息の治療薬は、気管支拡張薬とステロイド薬です。
なんだか聞きなれない治療薬ですよね。

「気管支拡張薬」は、気管支を広げて空気の通りを良くする薬です。
「ステロイド薬」は、咳による炎症を抑え、症状の悪化を防ぎます。

ステロイド薬に怖いイメージを持っている人もいるかと思います。
咳喘息に使用されるステロイド薬は、副作用も少ない薬なので、用法さえ守れば身体に大きな影響が出る事はありません。
また、咳喘息を治すにはこの二つの薬を外すことは出来ないのです。

咳喘息を発症してしまった時に、気をつける事とはなんでしょうか?

スポンサーリンク

改善には環境を変えることが大事なことです!

咳喘息に掛かってしまうと身の回りの空気に敏感になり、咳が止まらなくなります。
ですので、周囲の環境を変える事が治療のひとつになります。
  • 部屋にホコリが舞っていたりしていませんか?
  • タバコを吸っていたり、近くにタバコを吸っている人はいませんか?
  • 布団を干していますか?
なんだか姑が言いそうな事ですが、この三つに気をつけないと咳喘息はなかなか治療出来ません。
それでは、咳喘息の治療期間を解説していきます。

咳喘息の治療期間はどのくらい?また予防なども紹介します。

咳喘息の治療期間は目安というものがありません。
治療期間は体質や環境によって変わっていきます。

薬を飲んで1〜2週間で治ったという人もいますし、薬を飲んで半年くらい経つけどなかなか改善しない。という人もいます。
このくらい大きな差になると環境が影響しているのでしょう。
環境をなかなか変えられないという人もいるかもしれません。
そういった場合はマスクを付けたり、頻繁にうがいなどをして、咳喘息の予防に取り組みましょう。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加