咳喘息では痰は出る?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

咳喘息で痰が絡む・痰が出るタイプの人


痰って唾みたいなものなの?
いいえ、違います。
痰にも意味があるのです

一般的に咳風邪とは咳をした際に、「痰が出る」「鼻水が絡む」といった症状です。
咳喘息を見分ける方法として、「痰が出ない」というものがあります。
これは一つの判別方法であり、絶対ではないのです。

例えば、風邪を引いている状態で咳喘息を患えば、痰が絡む事もあるんです。
痰が絡む咳喘息の場合はどうしたらいいのでしょうか?
そもそも痰とはなんでしょうか?

今回は「痰」と「痰が出る咳喘息」について解説していきます。

スポンサーリンク

痰ってなんなの?
どこから作られるの?


健康な状態でも痰は出ます。
痰とは呼吸器が出す粘膜なのです。

ホコリや塵などを吸い込んだ場合、呼吸器がそれらを粘膜で覆います。
それが痰となって体外に排出しようとするのです。
ウイルスや菌に感染した時も同じ作用で痰になります。

これを踏まえると、咳喘息の場合はどうなるでしょうか?
詳しく解説します。

咳喘息は痰が出ない。
これって本当?

咳喘息は気管支の炎症なので、痰が出ないと言われています。
気管支の炎症に刺激が加わると、咳を起こすのが咳喘息です。
咳喘息だけなら痰が出ることはないでしょう。

痰が出る咳喘息で考えられる事は、空気がとても悪い環境にいた場合です。
その場合、咳喘息とは関係なく人体のメカニズムとして痰が出るのです。

また、風邪を引いている場合は痰も鼻水も出ます。
咳喘息と風邪が同時に発症していたらどうすればいいのでしょうか?
治す順番は、どちらを先にすればいいのでしょうか?
風邪を引いた時の状態を考えて解説していきます。

スポンサーリンク

咳喘息と風邪。
治すならどっちが先?

咳喘息と風邪が併発している場合は、医師の判断にもよりますが、まず風邪を治しましょう。

身体にウイルスがいるため、免疫力が低下していて咳喘息も治りにくいのです。
まず、ウイルスを身体から追い出し咳喘息の治療をしましょう。

また、咳止めの薬は咳喘息には効きませんので注意してください。
痰を切る薬は有効です。

風邪の治療はまず免疫力を高めることです。
高めた免疫力は、咳喘息の症状も緩和することもあるのです。

その痰は何色でしょうか?
それによって咳喘息かわかるかも?

痰が絡むという症状は、痰の色でも身体の状態を確認できます。

咳喘息の場合、白色や透明な痰が絡むのです。
また、黄色い痰は普通の風邪の時に出る痰と言われています。

緑色の痰は、膿が混じっている粘膜で、主に副鼻腔炎などに見られる痰です。
頻繁に痰が絡む咳をするのであれば、その痰の色をチェックして医師に伝えてください。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加