咳喘息とストレス

このエントリーをはてなブックマークに追加   

咳喘息はストレス緩和する治療でも治るって本当?


目に見えないからこそ怖い。
ストレスと病気

病気の原因は、目に見えるものだけではありません。
実体のないものとして挙げるのであれば、ストレスではないでしょうか。

ストレスは目には見えませんが、不快に感じますよね。
ストレスが原因で腹痛が起きるなんてよく聞く話です。
咳喘息は、ストレスによって発症する場合があるんです。
それには治療法はあるのでしょうか?
今回は咳喘息とストレスの関係。また治療などを解説します。

スポンサーリンク

ストレスが原因で発症する病気は他にもあったんです!


ストレスによって引き起こされる病気の一つに、口内炎などがあります。
ストレスによって体の免疫力が下がり、菌の繁殖を招いてしまうのが原因と言われています。

咳喘息はどうでしょうか?

ストレスによる免疫力低下で、炎症を起こしてしまうという事も考えられますが、それ以外にもストレス性咳喘息はあるんです。

これを引き起こす主なストレスとはなんでしょうか?

ストレスは何が原因になるのでしょうか?
睡眠不足もストレスですし、目の酷使や人間関係もストレスの原因になります。

知らず知らずの内に受けているストレスというのをご存知ですか?
有名なのは喫煙です。

タバコは一見ストレスを解消しているように見えて、実はストレスを身体に与えています。
さらに、喉による負担も大きく咳喘息を発症しやすいのです。

咳喘息の治療には禁煙は絶対条件と言えます。
それでは、他にストレスを治療する方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

薬はストレスに対抗できるのでしょうか?

ストレスは、別名「心身症」とも言われます。
これが原因で咳喘息や胃炎、胃がんにもなる恐れがあるのです。

ストレス性の病気に投薬治療は向いていません。
症状を緩和させる事は出来ても、根本のストレスを解消しなければ、その病気は繰り返すからです。
咳喘息を繰り返してしまう人は、ストレスが常に付きまとっているのではないでしょうか?

ストレスで咳喘息を患ってしまった場合、他の病気もストレスによって発症する事もあるので注意が必要です。

ストレスを取り除く薬!
じわじわだけど効果的です。

薬は、直接患部に影響するものなので、実体のないストレスには無効です。
しかし、ストレスに対抗できる薬があるんです。

  • 加味帰脾湯(かみひきとう)
  • 抑肝散(よくかんさん)
といった漢方薬です。

加味帰脾湯は、動悸が激しくなったり不安や微熱にまで効果があります。
抑肝散は、イライラや不眠などに効果的な漢方薬です。

漢方薬は、生薬を使用しているので身体に対する負担が薬よりも少なく、安心して飲める薬です。
ストレスによって治らない咳喘息と長く向き合っていくのであれば漢方薬がおすすめです。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加