咳喘息に効く市販薬

このエントリーをはてなブックマークに追加   

咳喘息の市販薬でおすすめのものは?


咳止めの薬はドラッグストアで多く販売されています。
効果的なのはどれ?

咳喘息が発症してしまうと咳が止まりません。
これが勉強中や仕事中だと非常に困りますよね。
また、忙しいと病院にも行けません。
そんな人におすすめしたい咳喘息の市販薬があります。

確かに市販薬は病院で処方される薬より効果は落ちます。
本当におすすめしたいのは病院ですが、短期間、咳喘息を市販薬で乗り切ろうと思う人は必見です。

スポンサーリンク

咳止めの薬を適当に飲んだら危険です!


咳喘息は、気管支の炎症と気管支の収縮を抑えなければいけません。
ここが重要な箇所で、咳止めの薬は種類によっては、気管支を収縮作用するのものもあるのです。
これを飲んでしまうと、咳喘息がさらに悪化してしまいます。

市販薬を購入する際は、薬剤師に相談したりして、その薬の特徴を把握するようにしましょう。
これから紹介する薬は咳喘息の人用の市販薬です。

市販薬なのに超強力?
大人用の市販薬とはなんでしょうか。

咳喘息の人におすすめの市販薬に、エーザイという会社が販売している、「アストフィリン」というものがあります。
この薬は、気管支の拡張作用や咳を抑える効果があり、普通の咳にもおすすめ出来る薬です。

アストフィリンは市販薬ですが成分が強力で、15歳未満の子供や授乳中の女性は飲んではいけません。
子供が服用すると、身体に悪影響を与える可能性があり、授乳中の女性は乳幼児に悪影響を与えかねないからです。

咳喘息の市販薬はまだあります。続けて紹介していきます。

スポンサーリンク

優しい成分の市販薬はないの?
漢方配合の市販薬。

8歳からの子供が服用できる咳喘息の市販薬に、大正製薬の「アスクロン」というものがあります。
この薬も気管支を拡張子、咳喘息を緩和させる働きがあります。

また、痰を出ないようにする成分も入っているので、痰をともなう咳喘息を発症している人にもおすすめです。
漢方も配合しているので身体にも優しく、比較的刺激の少ない薬となっています。

アメリカへ旅行をした時限定!
強力な薬があるんです。

アメリカは喘息大国とも言われており、喘息による死者数も多いのです。
さらに、「咳喘息」という症状を発表したのもアメリカです。

アメリカ国民を悩ませる咳という症状。
市販薬もかなりの数が売っています。
その一つに、「Primatene」という薬があります。

これは、日本の市販薬より強力ですが、日本では薬事法に引っ掛かってしまい、通常買う事は出来ません。
アメリカ旅行の際に購入する事があれば、現地で使い切ってください。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加