咳喘息用の漢方薬

このエントリーをはてなブックマークに追加   

咳喘息に効く漢方薬ってどんなものがある?


東洋の奇跡・漢方の世界。
咳喘息に太刀打ち出来るのでしょうか?

「なかなか治らない持病が漢方治療で治った!」なんて聞いた事はありませんか。
漢方薬とは自然物を使ったもので、自然物なら草から石に至るまで使用します。
もちろん、薬効成分があるものを使用しているので身体に害はありません。
咳喘息は、漢方治療出来るのでしょうか?
咳に効くと言われる漢方薬があります。その商品名や成分を紹介していきます。

スポンサーリンク

漢方薬の効果は幅広く「咳」に効くタイプもいろいろあるんです!


漢方は患部や痛みに直接作用するものではありません。
服用する事によって身体全身の免疫力を高めるものです。
咳喘息には、どういった漢方がいいのでしょうか?

咳に負けない漢方は、主に二つあります。
それは、「小青竜湯」「麦門冬湯」という漢方です。
どっちでもいいというわけではありません。症状に応じて使用しましょう。
どちらがいいか詳しく解説します。

「小青竜湯」と「麦門冬湯」はどっちがいいのでしょうか?

咳に効く漢方薬、「小青竜湯」と「麦門冬湯」はどのような効果があるのでしょうか?

まず、「小青竜湯」は鼻水や痰などが混じる咳に有効な漢方薬です。
鼻水や痰は身体の水分が多いことも発症の一因になっています。
「小青竜湯」は身体の水分を平常に戻し余分な水分を乾燥させる働きがあるのです。

また、「麦門冬湯」はその逆で、身体の水分が足らない時に飲む漢方治療です。
つまり、鼻水や痰が出ない咳に有効とされています。
乾燥した呼吸器を潤す漢方治療となります。

咳喘息の症状として挙げられるのは鼻水や痰が出ないという特徴があります。
ですので、咳喘息には麦門冬湯が向いています。

しかし、風邪と併発している咳喘息は鼻水も痰も出る場合があります。
その際は医師や薬剤師に相談しましょう。

スポンサーリンク

漢方の金字塔ツムラの「麦門冬湯」

漢方薬といえば、ツムラという会社がおすすめです。
長い歴史を誇る会社で、調剤薬局にもツムラの製品が置いてあります。
ツムラが販売している麦門冬湯は、市販薬と医療用の二種あります。

市販薬の麦門冬湯は、パッケージに麦門冬湯と大きく書いてあります。
値段は4日分で1500円です。

また、医療用は29番という番号で識別されています。
ツムラの医療用漢方は、全て番号による表記になっています。

漢方のメリット・デメリット

漢方と薬どちらがいいのでしょうか?
この件に関しては、意見が真っ二つに割れます。

漢方は身体に与える影響が少なく、その分効くのにも時間が掛かると言われています。
しかし、安全面から妊婦や子供などにはおすすめしたい薬です。

薬の場合患部に直接作用するので、完治が早いという利点があります。
しかし、効果が強く妊婦や子供が服用できない場合もあるのです。
もちろん成人した人の身体にも負担を掛けてしまう場合があります。

しかし、どちらも完治するまで飲み続けなければなりません。
漢方は飲み続ける事で、他の病気の予防が出来るという利点があります。
軽症な咳喘息の場合は、漢方による治療がいいのかもしれません。

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加